ミシンで思い出す祖母や母のこと

ミシンで思い出す祖母や母のこと

母が裁縫の免許をもっていたので、中学生の頃にミシンの使い方を教えてもらいました。 母は近所の人にも裁縫を教えていましたが、私はすごく覚えがいいと褒めてくれていました。 学校でももちろん家庭科でミシンの使い方は習いますが、家で使えたのがやはり便利でした。 その頃はかわいいプリント柄の布を手芸屋さんで買ってきて、型紙と縫い方の簡単なギャザースカートを縫って着るのがとても楽しみでした。 服を買うよりも安く、自分で柄やデザインを多少なりとも選べるので嬉しかったのです。 自分でミシンを買ったのは結婚して、お人形の洋服などを作りたいと思った時でした。 用途が小さいものを縫うことなので、ミシンも小さいものにしました。 昔と比べて小さくても多機能ですし、片付ける時に場所をとらないのは狭い家の中で大変助かります。 そういえば昔祖母の家にあったのは足踏みミシンで、あれは今で言うとデスクトップパソコンを置くくらいのスペースが必要だったものです。 でもあのガタンガタンと音立てて動くミシンにはなんだか哀愁を感じ、思い出の中では一番味のあるミシンと言えるかもしれません。